血管が病んでしまう私

私は点滴などで針を刺したままにしていると血管が病み、痛くなってしまいます。
それでもどうしても点滴が必要になってしまった幼少期に、「痛い、痛い」と泣いていると
看護師のお姉さんがパペットのウサギさんで話しかけてくれました。

「どうしたの?そんなに痛いの?つらいね、それはとってもつらいね、
ぼく、耐えて頑張ってる○○ちゃんが好きなビデオ持ってきてあげるよ!何がいいかなぁ~?」

幼かった私は、痛いのに耐えて頑張っているから、持ってきてあげる!と言うそのパペットの
ウサギさんがとても優しく見えて、それがなんだかとても嬉しくて、痛みでの涙が止まって、あれがいい、と
大好きなビデオの名前をウサギさんに伝えると、看護師さんはパペットの手でビデオをビデオデッキに入れ、
再生ボタンを点滴とは逆の手で「一緒に押そう!せーの!」と言って押させてくれました。
ボタンとなると押したくなる年頃、本当に嬉しくて、いつの間にか痛みはあれど気にならなくなっていて、
ビデオが終わった頃には点滴も終わっていました。

その看護師さんには、今でも感謝しています。
産業看護師の求人を探す時も、そういう看護師さんに探してほしいです。